MENU

脱毛にかかる期間と毛周期の関係

毛が生えてこない状態にするためには、何度か施術を受けなければいけません。
1回で脱毛完了できない理由は、毛周期にあります。

毛周期

毛の状態は「生えている毛(成長期)」「抜けようとしている毛(退行期)」「眠っている毛(休止期)」に分けられます。眠っている毛は皮膚の表面には現れていません。つまり、いま見えている毛が全部の毛というわけではないのです。

脱毛の光・レーザーは毛が生えている状態で、毛の根元と繋がっている状態でしか効果が発揮されません。
このため眠っている毛が成長期になり、生えてきた状態で光を当てないと効果が得られないのです。

「全ての毛穴から毛が生えている状態」なら1回当てるだけで脱毛が終わりますが、そんな人は存在しないので毛が生えかわる周期に合わせて少しずつ光を当てるしかないのです。

通う期間はクリニックで5回で十分、サロンなら12〜18回くらいがオススメです。

期間に差があるのは光の強さによるものです。

サロンのほうが安いと思いがちですが…

「脱毛サロンのほうが絶対安い!」と思う方も多いでしょう。
確かに価格表を比べてみると、1回当たりの脱毛価格は脱毛サロンのほうが安いです。

しかし脱毛サロンは10回以上通わないと効果がはっきり分かりませんので、1回当たりの価格は安くても回数を重ねることでお金がかさむ可能性もあります。

クリニックは1回当たりほとんどの場合1万円以上しますが、通う回数が少なくて済むのでトータルコストで考えるとクリニックのほうが安い場合もあります。クリニックでもキャンペーンをしていたり、セット価格で安く脱毛できるところもあるので「クリニックだから高いだろう」「高いから行かない」と思いこまずクリニックも検討してみましょう。

サロン・クリニックを比較する

脱毛人気部位の「ひざ下」で価格を比べてみましょう。
まず脱毛サロンの大手ミュゼでは、ひざ下はLパーツ扱いで、12回68,400円。

項目/サロン・クリニック名

ミュゼプラチナム

湘南美容外科

施術回数

12回

6回

ひざ下の施術料金

68,400円

81,000円

12回脱毛すると「ほとんど生えてこない、生えてきても産毛だけで目立たない」状態になれます。一方、クリニック大手の湘南美容外科は、ひざ下6回81,000円。

ただし、クリニックで6回脱毛するとつるつる状態になれます。
やはりクリニックのほうが割高ですが、クリニックは短期間で終わるというメリットがあります。

「安ければ長期間かかってもいい」という方はサロン
「少しくらい高くてもいいから、早く終わりたい」という方はクリニックを選ぶと良いでしょう。

トップページへ