MENU

毛が生える仕組み

脱毛の根元には、毛乳頭(もうにゅうとう)というものがあります。
毛乳頭の周りには毛母細胞(もうぼさいぼう)というものがあります。

毛周期の図

 

毛乳頭は毛細血管と繋がっていて、栄養素を受け取り毛母細胞に渡します。毛母細胞は受け取った栄養を使って毛を作っていきます。

 

栄養を受け取りながらすこしずつ毛を作り、やがて皮膚の上からでも見えるくらい長くなった毛が、私たちに「毛」として認識されます。

サロンの光脱毛のメカニズム

施術風景

光脱毛は黒い部分に吸収される光を当て
毛が生えてくる組織である毛母細胞や毛乳頭を刺激します。

 

光の力で細胞を壊し、毛を作れないようにするのです。
毛が作れなくなった毛母細胞はやがて老廃物となり排出されます。

 

毛母細胞がなくなると毛は作られず、生えてこなくなります。

医療レーザー脱毛のメカニズム

医療レーザー脱毛の仕組みも脱毛サロンの光脱毛と同じです。

レーザー脱毛風景

 

レーザー照射により光を毛穴の奥まで浸透させ、毛母細胞を破壊します。

 

サロンの光脱毛より強い光を使用しているため浸透する力が強く
一回で毛母細胞を破壊できます。

 

強い光を使うことで確実に毛母細胞を破壊でき
このことから医療レーザー脱毛は「永久脱毛」が可能です。

針脱毛(ニードル脱毛)のメカニズム

針脱毛は毛穴ひとつひとつに針を挿入し
針から出る電気により毛母細胞を破壊する脱毛方法です。

 

光脱毛では届かない毛や、色が薄くて光が反応しづらい毛に対しても効果のある脱毛方法です。
針脱毛は毛穴に針を挿入することから痛みが強く、時間とお金がかかる脱毛方法です。

 

光脱毛と針脱毛を並行して行うことも可能です。

ワックス脱毛

ワックス脱毛はとろとろの液体状態のワックスを皮膚にぬり
固まったところをはがすことで毛も一緒にはがれるという脱毛方法です。

 

光脱毛やニードル脱毛のように「毛根を破壊する」という方法ではありません。
ワックス脱毛した毛はまた生えてきますので「見えている毛を一時的に処理する」だけです。

 

「ワックス脱毛」という呼び方をしていますが「ワックス除毛」と思っておくと良いでしょう。
シェービングが面倒な方や肌に負担をかけずに無駄毛処理したい方におすすめの脱毛方法です。

 

光が当てられない肌色が濃いところ(乳輪など)やシェービングしづらい鼻の入り口などにもワックス脱毛は効果があります。

 

トップページへ